2012年 新年のごあいさつ

1
 







ar9stageは昨年7月にその活動を開始しました。


この半年間、プロデュース公演支援や客演としての公演参加をはじめ様々な形で演劇に携わる方々へのサポートを行い、また10月より開催されたワークショップでは演劇の技術や知識を蓄積、共有することで皆様のお役に立てるよう活動して参りました。




ですがこの活動を続けられたのも、皆様の応援があればこそでした。

新たな出会いが新たな可能性を育み、我々の活動範囲は徐々に広がり、学生演劇だけでなく関西小劇場の世界、あるいは関東へも近づきつつあります。

劇場でお声をかけて頂き、公演において協力関係を築いていただいた皆様には大変感謝しております。




今年2012年、ついにar9stage主導によるプロデュース公演、それかん劇団有馬九丁目『スターラインエクスプレス』が行われます。しかし我々ar9stageの最大の活動は、有馬九丁目による公演活動に留まりません。




演劇のまわりを渦巻く状況が刻々と変化している最中、我々は改めて学生演劇において求められているものを探り、可能性を広げ、実現させていくための活動を提案し、実行してまいります。

それはときにワークショップであったり、有馬九丁目による公演活動であったり、あるいは全く新しい活動になるかもしれません。



何のための演劇か、誰のための公演か。

プロデュースユニットでの学劇公演は、特に初めて公演を打つ場合には不足しているナレッジも多く、満足に本番を迎えられない事も多々あります。主宰さまや俳優、スタッフの方々に悔いを残す公演にならないよう、劇団側も観客側もともに満足できる公演を打つ為のお手伝いをさせてください。



改めて皆様、昨年は大変お世話になりました。


今年もar9stageをよろしくお願いいたします。






ar9stage 代表


劇団有馬九丁目 主宰




岡崎マサフミ


はじめに

0
    改めて疑問に思う。
    はたしてデザインとは何だったか。 


    意味付けをすること?
    工夫を凝らすこと?


    どんな方法であれ、何かをすこしでも良くすることをデザインというのなら、
    演劇で暮らしをデザインしたい。 


    おいしい食事が、優れた衣料が、快適な住居が暮らし をデザインするように、
    楽しい芝居で暮らしをデザインしたい。
    ar9stageは、暮らしのデザインを試みます。

    1

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM