ar9stageワークショップレポート(FWFB111026)

0
    2011年10月26日

    第二回は崇禅寺のもと飛鳥人権文化センターにて開催。大阪ほかなんと愛知からも参加者が!

    アップでは「テーマ整列」や「なんでもバスケット」で楽しくお互いのパーソナルな情報を共有。
    小学校のレクリエーションで行うような遊びが、実は演劇では重要になります。



    今回は前回と違って頭を使って身体を動かすメニュー。
    座学中心ながらもいくつか実践的なトレーニングをしました。



    椅子で舞台空間を仕切り、大きな舞台での動き方、小さな舞台での動き方を実践。

    古典演劇の世界、第四の壁、プロセニアムアーチをふまえた演出論なんてまじめそうな話もあれば、
    スーパーファミコンとニンテンドー64の違い、ゲームっ子の話まで?
    スーパーマリオをやっていたほうが演劇がうまくなるって本当か!?



    奥行きの使い方、重要人物の目立たせ方、重要ではない人間の振る舞い方、
    起承転結、グルーピング、人物の階級差、ステータスなどなど……


    実際にエチュードを通しながら解説をしていきました。




    今回は俳優のトレーニングというよりも演出的な話を多くしました。
    でも演出の考えていることを俳優も知っておけばお互いのコミュニケーションも上手くいくもの。
    知っておいて損はない!




    さてar9stageでは11月も後半にワークショップを開催いたします。
    詳細は決まり次第ar9stage.comほかブログ、Twitterなどで告知して行きます。
    乞うご期待!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM